life

一人暮らしでの洗濯を効率化させる方法

更新日:

こんにちは、シロノ(@shironism)です。

社会人で働きながら一人暮らしをしている方は、とにかく時間が無いと感じていることでしょう。

仕事から帰ったらもう体力もやる気も残っていませんし、家事をする気は起きません。

私もその一人で、特に洗濯が面倒と感じていました。

放置してしまう癖が付いてしまい気付いたらずっと洗っていない服があったりして、何枚も服を無駄にしてしまった経験があります。

そのような事を避けられるように、私が実践している効率的な洗濯の方法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

一人暮らしであれば、好きなタイミングで洗濯出来るはず

同居していたり、家族と一緒に住んでいる方は毎日の洗濯を強いられがちです。

しかし一人暮らしであれば、好きな時に好きなだけ洗濯が出来ます。

そこで私は洗濯するタイミングを「土曜日の午前中」のみに固定することにしました。

不定期な洗濯スケジュールだと、そもそも洗濯したかどうか忘れがちです。

洗濯を忘れてしまうと外出やデートの時困ってしまいますよね。

週1回、週2回等回数を決めるのではなく、指定の時間帯に限定させることで忘れることが無くなるだけでなく、洗濯を後回しにしなくなります

この時間帯でしか洗濯出来ない」と意識出来るからですね。

衣服の数を減らす

そもそも服の種類が多いと管理しにくいんですよね。

「今洗わなくても服があるから後回しにしよう」といった思考になる原因でもあります。

私は引っ越しを機に(不本意ではありますが)、服を捨てまくったことで1週間分の服しか所有していません。

具体的にはトップスだと
・インナーシャツ×5(仕事用)
・Yシャツ×5(仕事用)
・Tシャツ×3(プライベート用)

といった感じですね。

衣服が少ないと、クローゼットを見た時に数が減っているのが丸わかりです。洗濯しないと困ることがすぐ分かるので、洗濯をしようという気にもなります。

社会人は平日にスーツしか着ませんし、休日なんてお気に入りの服しか着ないんですよね。

私は少なすぎる気もしますが、私服は5種類位の組み合わせさえあれば困らないのではないでしょうか。

服に愛着も湧くようになりますし、大事に長く着られます

スポンサーリンク

まとめ

時間が無いのであれば、洗濯する機会を限定したり、服の数を少なくすることで対応しようというお話でした。

毎日洗濯するのがベストだという話を信じ、昔の私はそうしようと頑張っていましたが疲れてそのスケジュールはよく崩れていました

洗濯は一生続けていくものですし、効率的に出来るよう見直しを行い他のことに時間を多く使っていきましょう。

スポンサーリンク

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK

-life

Copyright© SHIRONISM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.