work

時間の無い社会人が生活を充実させるには?

更新日:

社畜の皆さんこんにちは。社会人になってから「時間が無い」が口癖になっている方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。私もその一人です。

しかし、いつまでもそんな事を言っていたらどんどん時間は過ぎてしまいます。「社会人は時間が無くて当たり前なんだ」「代わりにお金は溜まっていくからまあ良いか」なんて事を考えるのではなく、生活を見返してみましょう。

スポンサーリンク

結局は時間の浪費が原因

大学生の頃を思い出してみましょう。

大学生は暇だ暇だと思われがちですが、講義に出席するのは勿論、友達と遊ぶ為のお金を稼ぎにバイトにも行かなくてはなりません。

勿論講義は遅い時間に設定したり、サボったりと融通が利きます

しかし、結局遅い時間に目覚め、大学に行きバイトをしていたら実は社会人よりも時間が無いのではないでしょうか?

少なくとも私はそう感じます。お金を稼ぐために不規則なシフトにも対応し、気付いたら昼夜逆転生活

試験勉強もままならず、友達付き合いで遊んでいるうちにどんどん時間は無くなっていきました。

そこで社会人の生活はどうでしょう。

遅刻が許されない為に毎朝決まった時間に起き、決まった時間に家を出て、決まった時間から働く。

退勤時間に違いはあるものの、毎日決まった時間に寝ているという方がほとんどなのではないでしょうか。

思い返してみると、大学生よりも規則正しい生活をしているとは思いませんか?

ちょっとしたことを見直してみよう

あなたは毎日帰宅してから何をしていますか

そもそも通勤時間はどのくらいかかっていますか?何時に退勤していますか?何も考えずにだらだらと過ごしてはいませんか?普段考えることは無いと思いますが、このタイミングで見直してみましょう。

私が考える最大の要因は、通勤時間であると思っています。

通勤時間1時間の人と、通勤時間30分の人とでは1週間で5時間もの違いが出てきます。

気が向いた時にでも勤務地にアクセスのよい物件を調べてみると、意外と住めそうな物件が出てきたりします。固定概念を捨て、興味を持ってみましょう。

引っ越すのは現実的じゃないと考える方は、帰ってきてからしている事を見直してみましょう。

スマートフォンをちょっと覗いたら1時間過ぎていたという経験はありませんか?

手軽に様々な情報にアクセス出来ますし、情報を眺めている間はとても楽しく時間を忘れてしまいます。

そこで私は電車の中で見たい情報は見切ってしまうこと、ソーシャルゲームのノルマは電車で達成してしまうことを提案します。

Twitterのタイムラインは電車の中でササッと確認し、後はツイートしたくなった時のみ発信してすぐやめる。リプライが来たら返すだけ。

ゲームはイベント等もありますが、電車で集中して進めていけばノルマは達成出来るものであると思います。

じゃあ家の中ではどうするの?というと小さい画面のスマートフォンをいじるより、大きいモニターでPCを触っている方が生産的であると私は思います。

理由として挙げられるのは、
大きな画面でマルチタスクが可能、一気に大量の情報を処理出来る。
画面が大きく作業や勉強、情報収集に集中出来る。
しっかりと椅子に座る為、ベッドでスマートフォンをいじるより圧倒的に眠くならない。
の以上3点です。

情報に時間を奪われるのでは無く、自分から情報を大量に取り入れていくという姿勢が生活向上のヒントになっていくのではないでしょうか?

折角仕事を頑張っているのですから、立ち止まっていてはもったいないと思いますよ。

スポンサーリンク

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK

-work

Copyright© SHIRONISM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.