work

通勤時の鞄なら縦型ショルダーバッグが最強というお話

更新日:

社畜の皆さんこんにちは。私も社畜です。
平日に働き続ける以上満員電車は避けられないものと思います。

そこで少しでも快適な通勤ができるよう、私も使っている縦型ショルダーバッグの魅力をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

横からの圧力に強い

新卒の皆さんが使いがちな手提げ兼ショルダーのビジネスバッグだとどうしても体のラインから横幅がはみ出し、常に密着状態の車内ではガンガン他の人にぶつかります。多分嫌な顔をされます。

縦型、それもショルダーバッグだと体のラインに合わせ密着させられ省スペースを実現出来ます。身軽に行動しやすくなりますし、周りの人にも優しいです。

着席時ぴったりと座席に収まる

たまたま席が空いて座れた!!
社畜にとっては至福のひとときです。
そんな時間をより快適にするのが縦型ショルダーバッグです。

立っていても座っていても基本的に両脇に人が存在しており、横幅の広いビジネスバッグでは人に当たってしまいます。横が駄目なら縦にして……と方向を変えても目の前の人にぶつかります。悲しいです。

またビジネスリュックだと背負ったまま座席に座れますが、快適とは言えません。下ろしても人には当たらないまでも邪魔になりがちです。

そこで縦型ショルダーは下ろす必要もなく、体の前にバッグを回転させるだけで快適に座ることが出来ます。誰にも迷惑をかけず、正しく座れます。

スポンサーリンク

高いセキュリティ性

鞄には重要な書類や機材が入っている……。座れない。でも眠い。
吊革を掴んで立っている場合、リュックは金網に載せるか足元に下ろすのがマナーになっています。

気の抜けた状態で荷物を手放してしまうと紛失のリスクがありますが、ショルダーバッグなら身体に密着させたまま安心して眠れます。特に機密書類を扱う方にはオススメです。

で、本音は?

通勤していると邪魔な荷物が多過ぎて泣きたくなります。特に肩からおしゃれに掛けられたトートバッグ。時間帯選べやと思ったことは何百回もあります。

乗車している全員が気を使えばもっと通勤が快適になるといつも信じています。ただ今回紹介した縦型ショルダーバッグはネタ抜きでオススメですよ。あまり背負っている人を見かけないので、もっと知名度が上がってほしいですね。

スポンサーリンク

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK

-work

Copyright© SHIRONISM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.