life

何もやる気が起きないのであれば、とにかく部屋を片付けよう

投稿日:

こんにちは、シロノ(@shironism)です。

ストレスによってやる気が起きなくなることを表す「五月病」という言葉がありますが、ちょっと前までの私はいつでも五月病のような状態でした。そもそもうつ病一歩手前だったのかもしれません。

平日は毎日遅くまで働き、しかもずっと集中している為仕事から帰ってからはまず何もやる気が起こりません

平日だけなら仕方無いと思えるのですが、休日に大好きな自宅にいても寝てばかりいました。

一体何故そうなってしまったのか?原因は散らかった部屋にありました。

スポンサーリンク

断てない悪循環

仕事が終わった後はとても疲弊しており、スーパーで安くなったお弁当等で食事を済ませることが多くなります。後はカップ麺等のインスタント食品ですね。

食事をするのは良いのですが、梱包材等のゴミが必ず出ます。このゴミの扱いがとても重要になってきます。

部屋が綺麗であれば綺麗な状態を維持しようと人は頑張りますが、ちょっと散らかりだすと掃除の優先順位は下がっていきます。

少ない時間なら自分の好きな事に時間を使いたいですもんね。少し散らかっていてもまだ問題は無いので、ゴミを放置してしまいます。

やがてゴミが溜まっていくと部屋がとても汚くなりますが、「仕事で片付ける時間が無いんだから仕方無い」と自分に言い訳をするようになります。

こうなってくると厄介です。「すでに散らかっているんだから、少しゴミを放置しても変わらないでしょ」が積み重なり手がつけられない状態になるわけですね。

ストレスから逃げられない

部屋が散らかる過程は分かったけど、やる気が出ないことにどんな関係があるの?」と思いますよね。

そもそも部屋は心からリラックス出来る快適な空間であるべきです。仕事から帰ってきて、快適な空間で心を休ませることで明日への活力が沸いてくるわけですね。

そんな部屋が汚かったらどうでしょう?

仕事でストレスを感じているのに、帰ってきた部屋でもストレスを感じます。つまり自分に負荷がかかり続けています。

部屋が汚いのはまずいと認識しつつも、仕事を頑張ってきたのだから精一杯リラックスしようと趣味に逃避してしまうんですよね。

こうして部屋が汚いまま休日を迎えます。

休日目覚めても目の前に広がるのは汚い部屋

目覚めたときからストレスを感じ、やる気が起きなくなります。予定があっても物が何処にあるか分からず、遅刻することも多くなりますね。

スポンサーリンク

とにかく掃除を始めよう

人はリフレッシュし、ストレスから開放される時間が必要です。そんな時間を過ごせる空間を手に入れるためにも、今すぐ部屋の掃除を始めましょう。

休日にやればいいと後回しにしてもいつまでもやりません。ストレスによりやる気が起きないからです。

平日のちょっとした時間でもゴミに気をかけ、少しずつ対処していくだけで悪循環から抜けられますよ。

ゴミが日々少しずつ溜まっていくように、日々少しずつ片付けを行うことで部屋や心は綺麗になっていきます。

まとめ

部屋が汚いとストレスを感じる為、掃除して快適な空間を作ろうというお話でした。

手がつけられないほど散らかると絶望感しか無いので、ちょっとしたゴミでも本当に甘く見ないほうが良いです。

毎日少しずつ気にかけて、活力溢れる本来のあなたを取り戻していきましょう!

スポンサーリンク

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK

-life

Copyright© SHIRONISM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.