work

会社の飲み会には参加すべき?期待しないほうがいい

更新日:

本日は花の金曜日。翌日早く起きる必要が無いということで、多くの会社では飲み会が開催されます。かくいう私も参加してきました。

しかし明日が休日とはいえ社会人は本当に時間が無いんですよね。私は会社の飲み会を開催する側の人間なので基本的に出席してきたのですが、考えていることをまとめてみます。

スポンサーリンク

仲良くなった気にしかなれない

飲みニケーションというという言葉が流行った時代もありましたが、私にとっては悪しき風習でしかありません。普段話せない人とも飲み会という場で言葉を交わすのが目的なんでしょうが、普段話せない人=自分の仕事に必要無い人なのでは?と考えてしまいます。そもそも普段から一緒に仕事をしていく存在なのにまともに話せていない時点で無能としか思えません。

飲み会と仕事の雰囲気は違います。話が盛り上がったとしても、それは仕事には結びつきません。仕事をしていく中で困らない関係性というのは、飲み会抜きでもしっかりと形成されていくものです。

失った時間やお金で何が出来た?

冒頭でも話した通り金曜日の夜は楽しく、様々な思考を放棄出来ます。普段仕事から疲れて帰ってきた時には出来ない趣味、勉強に心から取り組むことが出来るのです。上司のありがたい言葉に相槌を打っている時間で自分を癒やしたり、成長させられます。

スポンサーリンク

出席率なんて気にしない

仕事をしていく中であいつは飲み会に全然来ないから嫌いだなんて言う人はいません。もちろん上司が企画してくれた自分の歓迎会等には参加しないと印象を悪くしますが、全く興味のない飲み会は適当な理由を付けて断りましょう。

これも前述のとおりですが、仕事での関係性と飲み会は関係ありません。飲み会に参加するはずだった時間で自分自身を成長させ、より仕事の出来る人間になりましょう。先へ進んでいきましょう。

尊敬している人間との飲み会にこそ価値がある

大人数での飲み会に参加していると様々な人と話す機会が出来ると思います。しかしその反面、特定の人物とずっと話す事が出来ません。

この人は仕事が出来る、考えている事が気になるといった人物とゆっくり話す機会ということで少人数での飲み会に参加することには大変意義があります。
その人の目標、経験してきた仕事についての話を知ることで知識を吸収出来ます。まとめると、自分が行きたいと思った飲み会にだけ参加するのがベストということですね。上司から飲み会に誘われたら思考停止するのはやめましょう

スポンサーリンク

SPONSOR LINK

SPONSOR LINK

-work

Copyright© SHIRONISM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.